宮崎チャリダーのブログ

宮崎出身(愛知在住)の貧脚チャリダーのブログです。 機材に関する記事、トレーニングの記録なんかを綴っていきます。

ニューフレームを組み上げます その1

先日購入した「COLUMBUS GENIUS+GRAMMY」をdi2(電動コンポ)で組み上げて行こうと思います。超マニアックなフレームなので、誰得??
な記事になるかと思いますが興味のある方はどうぞ(^ ^)

www.miyazakicharida.work

 
はじめに

EM-525の際は事前検証が不十分だった結果、色々と不具合に繋がったので、
組み立てに入る前にじっくり観察…(°_°)

観察した結果、以下の課題があがりました。

 

 


課題①: グロメットが機械式専用

f:id:miyazakicharida:20200321205926j:image

写真を撮り忘れた為、変な写真ですが、基本的にはグロメットの奥が
アウターを受ける形になり、インナー径分の穴しか開いていません。

解決策としては、以下を考えました。
電動式のグロメットを取り寄せる。
インナー用の穴を拡張する。

1.がベストだったのですが、代理店に確認してもらった所、国内在庫なし、
イタリア本国にも在庫があるか微妙との結果でした…orz
そうなると、2.になるのですが、インナー用の穴を拡張すると機械式で
組めなくなってしまう可能性が高く、なかなか悩ましい所です…(>_<)

 
 

課題②:BBシェルが密室、かつアクセスし難い

f:id:miyazakicharida:20200321210126j:image
f:id:miyazakicharida:20200321210002j:image

見ての通り、BBシェルが密室かつ、アクセス口がかなり狭いです。

この点に関しては、ケーブル長を変えてジャンクションをヘッドチューブ側に
持ってくる事も考えましたが、スペース的にはぎりぎりジャンクションも
入るだろうと判断、BB付近にジャンクションを設置する形で配線する事に
しました。

f:id:miyazakicharida:20200321210028j:image
↑こんな感じです。

ちなみにですが、フレームの各入り口とBB下のアクセス口が繋がってるかの
確認には使わなくなったインナーワイヤーを使いました。
電動ケーブルの先導等、何かと使えるので、長めのものを持っておくと
非常に便利です^_^

 
 

課題③:ヘッドパーツのベアリングの錆

f:id:miyazakicharida:20200321210054j:image
これは課題って程ではないのですが、錆びていたので打ち替えが
必要かな?と思いました。


ベアリングに関しては、よくよく見ると大抵サイズが記載されているので、
そのサイズのベアリングを購入すればOKです。


このフレームの場合は、
上側: 外径41.8mmx高さ8mmx45度
下側: 外径52mmx高さ7mmx45度
だったので、以下のいずれかを購入すれば対応可能と判断しました。

 
【即納】MicrOHERO HS-VP518 41.8/52mm ゼロスタックハイト  インテグラル ヘッドセット テーパー シールドベアリング ブラック 下玉押し 1-1/8int or 1-1/2intインチ


Neco H373 1-1/8インチから1.5インチ テーパードフォークチューブ & 42-52.2mmヘッドチューブ バイクベアリングヘッドセット シルバー

 
 

まとめ

という事で、課題①以外はなんとかなりそうな感じでしたが、課題①を
どうするかが悩ましい所です…(*_*)恐らく機械式で組み直す可能性は
低いんですが、不可逆的な加工はなかなか勇気がいるので…

 

 


と暫く悩んでいましたが、色々調べていた所、
良い解決方法が見つかりました!

 


その2に続く…

 

スポンサードリンク